Child pages
  • Group 7
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

クレム・ソンClem Sohn

私たち(サラ・グレースとエマヌエル・デルノー)はびじゅつや空をとぶ(fly)話を読むのが好きだから、このプロジェクトはクレム・ソンと言う人についてします。


1.クレム・ソ一ンの生活について

クレム・ソンは、1911年にミシガン州の市があるランシング(Lansing)と言う町で生まれました。三十年代のアメリカ人のスカイダイバ―です。スカイダイビングが上手だったし、ウイング(つばさ)は、とくべつなぬの(fabrics;"zephir")で作ったし、とても有名です。六千メ―トル(1980feet)の高さで、ひこうきからとびこみを していました。グライダ―で250メ―トルもとびました。それから、陸地(りくち)(ground)に つく時に らっかさん(parachute) をあけていました。飛ぶ(fly)時に使う大きいめがねがあったから、 これを見ている人たちは、「バットマン」(Batmanという名前をクレム・ソ一ンにつけました。
とてもかたく作りました。 かたにこのウイングをしていました。
ロンドンのガトイックひこうじょうでこわれました。 彼はかた(shoulder)にけがをしました。(injury)
クレム ソンの仕事はきゅうにおわりました。1937年4月25日にフランスのビンセンのエアショーでバットマン の ウイング を なくしました。クレム ソン さん の ちっかさん  は あけませんでした、なくなりました。


2. 小さいイカルスの話 (Icarus story)
昔々、ある男の人は子ども(イカルスでした)とギリシャ(Greece)に住んでいました。男の人は作る人でした。ある日、ギリシャの悪い王さま(king) はイカルスさんとお父さんがきらいだっただから、新しい国に行かなくちゃいけませんでした。ふぬ(boat)がありませんから、イカルスさんのお父さんは大きくて、白くて、きれいなつばさ(wings)を作りました。いつも、イカルスさんは空(sky)が大好きだったから、お父さんが作ったきれいなつばさが大好きでした。イカルスさんもお父さんもうれしかったです。でも、お父さんはイカルスさんに「気をつけてください。あなたのつばさがないから、たいよう(sun)の近くをとんではいけません!」と言っていました。  
でも、イカルスさんは聞きませんでした。空が大好きだったから、たいようの近くまで早く飛んで行きました。
早い千くひゃきゅ年のイカルスさんはクレムさん。クレム・ソンも空が大好きだった。彼はあたまがいいから、自分でつばさを作った。そして、イカルスみたいに空で死んだ人でした。



3. クラム-ソ一ンさんの生活のスーリーを話す。
 
バットマンのかたいウイングはこうてつのえんちゅうでかなぐでかためられました。かたにきりました。

ロンドンのガトイックひこうじょうでこわれました。

あいにロンドンにガトイックひこうじょうでいためられました。かれはかたをふしょうしていた。
クレム・ソンは仕事をきゅうにおわらなくちゃいけませんでした。1937年4月25日にフランスのビンセンのエアショーでバットマンのウイングをなくしました。クレム・ソンのらっかさんはあかなかったから、彼はなくなりました。 そして、ウイング(つばさ)をなくしました。これわは英語でHe lost his wings. 私たちはこれはとてもかなしいですが、きれいな死だと思います。





4: みなさんと新しい便着や、便や、話す。
ゆめができた、とんだった人はクレムソンでしたし、ぜんぜんみちにまよいませんでしたから、いつもつよかったから、私たちはその男の人がだいすきです。ほんとに空の男の人んでした。

今、ゲームをしまようか。クレムソンのとび方をわかったから、とんでみてください。みんなさんはデモンストレーションをしなくちゃいけません。わたしたちはクレムソンのとび方を話します。らっかさんをいる時、たちます。やさしそうだと思いますか。じゃあ、しなないてください!
 

  • No labels

4 Comments

  1. グレースさんとデルノーさんは、二人でなおすところを見て、書いてください。
    そして、4.便着の試合を遊ぶ、 みなさんと新しい便着や、便や、話す。Closing がありません。
    **これはまだですね。水曜日までに早く書きましょう。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    なおすところ:

    クレム・ソンClem Sohn

    私たち(サラ・グレースとエマヌエル・デルノー)はびじゅつや空をとぶ話を読むのが好きだから、このプロジェクトはクレム・ソンと言う人についてします。
    (しゃしんを入れる)
    *しゃしんはどこですか?

    1.クレム・ソ一ンの生活について
    クレム・ソンは、1911年にミシガン州の市があるランシング(Lansing)と言う町で生まれました。三十年代のアメリカ人のスカイダイバ―です。スカイダイビングが上手だったし、ウイング(つばさ)は、とくべつなぬの(fabrics;"zephir")で作ったし、とても有名です。六千メ―トル(feet?)の高さで、ひこうきからとびこみを していました。グライダ―で250メ―トルもとびました。それから、陸地(りくち)に つく時に らっかさん(えいご?)をあけていました。飛ぶ時に使う大きいめがねがあったから、 これを見ている人たちは、「バットマン」(えいご?)という名前をクレム・ソ一ンにつけました。

    バットマンのかたい「ウイング」(つばさ)はとてもかたくて作りました。→とてもかたく作りました。
    いつも、かたにきていました。→かたにこのウイングをしていました。

    あいに ロンドン に ガトイック ひこうじょう で いためられました。
    →ロンドンのガトイックひこうじょうでこわれました。
    かれ は かた を ふしょうしていた。
    →彼はかた(shoulder)にけがをしました。(injury)

    クレム ソンの仕事はきゅうにおわりました。
    →クレム・ソンは仕事をきゅうにおわらなくちゃいけませんでした。

    1937年4月25日にフランスのビンセンのエアショーでバットマン の ウイング を なくしました。
    →1937年4月25日にフランスのビンセンのエアショーでバットマンのウイングをなくしました。

    クレム ソン さん の ちっかさん  は あけませんでした、なくなりました。
    →クレム・ソンのらっかさんはあかなかったから、彼はなくなりました。

    2. ちさい イカルスのスーリー (Icarus story)を話す。
     →小さいイカルスの話 (Icarus story)

    昔昔、男の人 は子と グリス に 住んだった。→昔々、ある男の人は子どもとギリシャに住んでいました。

    その子どもの名前はイカルスだった。 →イカルスでした。
    イカルスのお父さんはおもしろい物を作る人だった。 →作る人でした。

    一日グリスの悪い王(king) はイカルスさんとお父さんがきらいでしただから、新しい国に行かなくちゃいけませんでした。
    →ある日、ギリシャの悪い王さま(king) はイカルスさんとお父さんがきらいだっただから、新しい国に行かなくちゃいけませんでした。

    ふぬ(boat)がありませんから、イカルスさんのお父さんは大きくて、白くて、きれいなつばさ(wings)を作りました。
    →ふね

    いつも、イカルスさんは空(sky-sora)が大好きだったから、お父さんがきれな作ったつばさが大好きだった。
    →いつも、イカルスさんは空(sky-sora)が大好きだったから、お父さんが作ったきれいなつばさが大好きでした。

    とてもつれしいだった。お父さんもうれしだった。
    →イカルスさんもお父さんもうれしかったです。

    でも、お父さんは「きをつけてください。あなたのつばさがないから日(sun)のちかいにとべ(fly) ないなくちゃいけない!」と言っていた。
    →でも、お父さんはイカルスさんに「気をつけてください。あなたのつばさがないから、たいよう(sun)の近くをとんではいけません!」と言っていました。

    でも、イカルスさん聞かない。
    →でも、イカルスさんは聞きませんでした。

    空が大好きだから、もうとんだった。ちかいの日にいった。つばさがなかった。
    →空が大好きだったから、たいようの近くまで早く飛んで行きました。

    千くひゃきゅ年のイカルスさんはクレムさん。→→???これはわかりません。

    ソンも空がだいすきだった。おもしろくて、あたまがいくて、つばさを作った、も空の中で死んだ人だった。
    →クレム・ソンも空が大好きだった。彼はあたまがいいから、自分でつばさを作った。そして、イカルスみたいに空で死んだ人でした。

    便着の試合を遊ぶ。 
    みなさんと新しい便着や、便や、話す。
    **これはまだですね。水曜日までに早く書きましょう。

  2. Group 2

    We didn't know who Chem Sohn was so it was interesting to find out who he was. We like the addition of the Icarus story because it relates to Sohn's story. We also like the newspaper clipping as part of your introduction of Sohn. We were wondering if you had finished your page since parts 4 and 5 only had a title. Right now, it seems that there is more on the Icarus story than there is on Sohn but we think that once you write parts 4 and 5, it will probably even out. Parts 1 and 3 seem to be the same thing, except one has more kanji than the other. We had a problem reading your wiki page because you use a lot of words and kanji we haven't learned in class yet. Maybe you should use hiragana instead of kanji and put the English translation next to it. We also noticed that you used ウイング and つさ interchangeably, so perhaps it would be better to use つつばさand add the English translation next to it.

    1. Group 2 –
      Also, here's some specifics for the first section that might help you with the rest of your report...
      Why did you put (しゃしんを入れる) next to the picture?
      Instead of skiydiver desu, say deshita (he was).
      ウイング(つばさ)should be つばさ(wing)
      I don't understand "六千メ―トル(feet?)" partly because メ―トル is not a word. (if you mean meter)
      Tobikomi isn't widely recognized, neither is rikuchi, rakkasan, kataku, hikoujou, etc. so please put the English meaning in ( )
      For つく, at first I wasn't sure if you meant "arrive" so use the kanji since we know it
      Close the ( ) on Batman
      Specify "shoulders" for かた the first time you say it.
      You katakanized Clem Sohn's name differently a couple times.
      What is ビンセン?
      Instead of あけませんでした、put あけなかったで, since it's not at the end of the sentence.

      You chose an interesting topic and made this a fun read. Just work on the unfamiliar words and you're good to go.